生活リズムが崩れやすい

夜勤をしていると昼夜逆転生活になってしまうわけですから普通に日勤だけしている人よりも生活リズムが崩れやすくなってしまいます。ですからそうならないように予め夜勤なしという条件で入職したほうが良いのではないかと個人的には感じています。

もしくは夜勤専門で働くかですね。とにかく深夜に働くというのは普通の人とは違う時間帯に生活するということになりますから慣れていないと色々なデメリットが出てきてしまいます。特に新人看護師さんであれば十分に気を付けておきたいところです。

一度生活リズムが崩れてしまうと徹夜をしない限り元通りに戻すということはできないでしょう。しかし日勤と夜勤が交互にあるような場合にはそれもできませんからどうしても体調を崩しやすい体質になってしまうのは仕方がありません。

病院というのは救急の外来というのもある職場ですから看護師になるという時点でそういった面は覚悟しておかなければならないのかもしれません。自分で選んだ道だから仕方がないと言えば仕方がないのかもしれませんが・・・。

とにかくいえることは夜勤は楽ではないということです。もしも転職を考えているのであれば日勤だけというような条件で選んだ方が良いのではないでしょうか。そうしたほうが精神的にも楽に働くことができるようになりますし。

この辺は個人の価値観によって大きく差がある部分ですから一概にいうことはできないのかもしれません。しかし、自分に合っていない働き方をしていると感じている人は一度労働条件について見直しをしてみても良いのではないかと思います。